ウラナ占い

電話占い「ULanaウラナ」で占ってもらうことにしました!

↑ウラナ、初回10分間無料キャンペーンはこちら↑

 

 

前から気になっていた、よく当たると評判の電話占い「ULana ウラナ」
占ってもらうことにしました!

 

最近、周囲が結婚ラッシュで焦りを感じ始めていたんです。
私も気づけばボチボチいい年です。

 

年々、結婚式に招待される回数が増えていくのとは裏腹に、
私の焦りや不安ははどんどん増してきました。。

 

 

「果たして自分は結婚できるのか?」

 

「難しいのなら何を改善すればいいのか?」

 

 

ってことを知りたかったんです。

 

それと、実はずっと恋愛のことでモヤモヤしていて、
元カレの気持ちと今の彼とは今後うまくいくのかもはっきりさせたかったんです。

 

占いには昔から興味があったのですが、占い師さんに実際に占ってもらう機会ってなかなかないですよね。

 

時々、街中でやっている占いとかを見かけたりしますが、ああいうところで占ってもらうのは
勇気がいるし、一人で占い師さんの元を訪れるのなんてよっぽど勇気がなければできないですよね。

 

もっと気楽に自分のことを占ってもらえないかな・・・

 

・・・なんて思っているときに見つけたのが、ネットから申し込める電話占い

 

電話占いもいろいろあるようですが、中でも一番人気で、よく当たると評判なのが、ULana ウラナですよね。

 

占い師さんもたくさん在籍しているし、今なら10分間電話無料のキャンペーン
実施してるってことでウナラで占ってもらうことにしたんです!

 

まずはこちらのサイトから会員登録をしました。

 

初回の10分間は無料ということですが、さすがに10分間だけでは短いかな、
ってことで無料の10分間に加えて

 

  • 15分間通話分のポイント(3000ポイント)

 

を購入しました。
これで25分間も電話で占い鑑定ができちゃいます。

 

ポイントを購入した後に行うのが「鑑定師検索」です。
占ってもらいたい占い師さんを検索するのですが、どの先生にするか迷ってしまいます。

 

いろいろ迷ったのですが、やっぱりランキングに上位に上がってる先生なら外れないかなと思い、
人気3位の凛音先生に申し込みました。

 

個人的に霊感のある人に視てもらいたいと思っていたのですが、凛音先生はプロフィールによると、
代々霊感のある家系のようで、恋愛や結婚に関することも得意ってことで申し込みました。

 

↑ウラナ、初回10分間無料キャンペーンはこちら↑

恋愛、結婚について占ってもらいました!

凛音先生は人気の先生のようで申し込んだ段階で二人待ちでした。
とりあえず予約をして電話がかかってくるのを待ちました。

 

2時間くらい待ちました。
どんだけ前の人長いんだよ!と思いましたが(笑)

 

ようやく携帯電話が鳴り、ドキドキしながら受話器を取ります。

 

 

私: 「あの、初めてなんですけど」

 

凛音先生: 「はい、宜しくお願いしますね。どうされましたか?」

 

 

優しそうな女性の声で安心しました。
ネットの写真のイメージは優しそうな印象でしたが予想通りの方でした。

 

途中であわてないように聞きたい事はあらかじめノートにまとめておきました。

 

まず、は結婚のこと、果たして自分は結婚できるのか?
出来るとしたらいつなのか、それだけが今の一番の気がかりなのです‥。

 

それから、元カレの事。
今は新しい彼氏がいるし、復縁は望んでいないけれど、どうしても腑に落ちない別れ方をしてしまったので、
自分の気持ちの整理ためにも聞いておきたかったのです。

 

 

私: 「あの、結婚のことなんですけど。私、結婚出来ますか?」

 

凛音先生: 「視てみますね。それでは目を閉じてください。」

 

 

▲※¢□☆◇♭‥‥ 

 

 

な、なにやら怪しい呪文のような声が聞こえてきましたがこれは一体何!?(笑)

 

 

凛音先生: 「はい、お待たせしました。」

 

 

ええっ、今ので分かったの!?

 

 

凛音先生: 「結婚できますよ。31歳か32歳ですね」

 

 

なんと!!実は私、別の霊能者にも32歳で結婚すると言われていたのでした!
今29歳だから、もう少しじゃないですか!!

 

 

私: 「あの、どんな人かわかりますか?」

 

凛音先生: 「2歳年下。銀行マンか、証券会社に勤めてる人よ。」

 

 

に、2歳年下で銀行マン‥?そんな人、私の周りにはいない。
でも、銀行マンか、証券会社に勤める人ならきっと真面目で誠実なエリート、まさに私求める理想のタイプです!

 

 

私: 「そうなんですか‥でも、思い当たる人がいません‥」

 

凛音先生: 「それはまだ出会っていないからよ。」

 

私: 「どんなふうに出会うんですか?」

 

凛音先生: 「紹介ですよ。二人ぐらい間に入ってるね。」

 

 

へええええ。
淡々と答えられるので、呆気にとられてしまいました。
まだ出会ってないってことは、今の彼氏じゃないのかな‥。

 

 

↑ウラナ、初回10分間無料キャンペーンはこちら↑

 

 

私: 「そうなんですか。分りました。それから、元カレのことを聞きたいんですけど、いいですか?」

 

凛音先生: 「はい。復縁ですか?」

 

私: 「そうです。可能性があるのか視てください。」 

 

凛音先生: 「それでは生年月日を教えてください。」

 

 

元カレの生年月日は手帳に書いていたので、生年月日をを伝えました。

 

 

凛音先生: 「付き合った期間と最後に連絡とった日を教えてください。」

 

 

ちょっとためらいもありましたが、正直に答えました。

 

 

凛音先生: 「それでは目を閉じてその人のことを考えてください。」

 

 

言われた通りに目を閉じて元カレのことを考えました。

 

 

※¢□☆◇♭‥‥

 

 

ま、またなんか聞こえてきましたよ(笑)

 

 

凛音先生: 「お待たせしました。」

 

私: 「どうですか?」

 

凛音先生: 「この人、今彼女いるよ。」

 

 

が、がーーーん!
ちょっとショックです・・ 
いや、べつに今更どうでもいいけど。。。

 

 

私: 「そうですか‥。あの、実は別れる時に突然音信不通になって、理由もわからないまま終わってしまったんで、腑に落ちなくて・・」

 

凛音先生: 「うーん。好きな人が出来たんだと思う。その人が、いまの彼女よ。」

 

私: 「そ、そうなんですか(溜め息)あ、今私の事どう思ってますか?」

 

凛音先生: 「正直に言っちゃっていいのかなあ‥」

 

私: 「はい、お願いします!」

 

凛音先生: 「何も考えてないね。」

 

 

がびーーーーーーん!
いや、そりゃ、そうかもしれないけど、ショックです!
何も考えていないってことは、つまり無関心ってこと。
愛の反対はまさに無関心。

 

やはりもう彼の心に私は存在していないのね‥。
一年も付き合ったのにね。
最後は他好きで音信不通だよ。
ああ悲しい、。泣きたい。でももう終わった事だ!

 

元カレついでに、もう一人、最近ちょっとだけ付き合った元カレの事も視てもらおうと思いました。

 

 

私: 「あの、もう一人、視てもらえますか?」

 

凛音先生: 「はい、それでは生年月日を教えてください。」

 

 

最近ちょっとだけ付き合った彼の生年月日を伝えました。

 

 

凛音先生: 「付き合った期間と最後に連絡とった日を教えてください。」

 

 

ちょっとためらいましたが正直に言わないとちゃんとした鑑定が出ないと思って
正直に付き合った期間と最後に連絡をとった日を先生に教えました。

 

 

凛音先生: 「それでは目を閉じてその人のことを考えてください。」

 

 

言われた通りに彼のことを考えました。

 

 

※¢□☆◇♭‥‥

 

 

またか(笑)!
また例の呪文のような声が聞こえてきました。

 

 

凛音先生: 「お待たせしました。」

 

私: 「はい。どうですか?」

 

凛音先生: 「この人、駄目だね。」

 

 

そ、即答で、だ、だめっすか!!!(笑)

 

 

凛音先生: 「ものすごくあまのじゃくだよ。変わってる。」

 

私: 「よく、よくおわかりで!!そうなんですよ!もう大変だったんですよ!

 

 

もう、付き合っている間もちょっと気に入らないことがあるとすぐ別れよう、
と言ってきたと思ったらすぐまた連絡してくるし。
そんなことを繰り返すうちにこっちは疲れ果ててしまいました(笑)」

 

 

凛音先生: 「今、あなたのことすごい気にしてる。会いたがってるよ。」

 

私: 「え。そうなんですか? でも、最後もう会いたくないみたいなこと言われて終わったんですけど‥」

 

凛音先生: 「うーん、ただ機嫌が悪かっただけ。すごく気分屋なのこの人。」

 

 

いやー、よく視えてらっしゃる。あまりにもあまのじゃくすぎて、自己中すぎて、一ヶ月も持たなかったもん(笑)
もう自分の中では恋愛歴にカウントしてないくらい(笑)

 

相手に受け入れられない部分があると、それを注意することも不満を言う事も無く
すぐに「別れよう」とか「別れたい」とか言う人だった。
それでも数日経てば何も無かったかのように連絡してくる。会いたがる。

 

私は相手は子供なんだな、と大きな心で受け止めようと努力はしたのですが‥。
車で私がリクエストしたところに連れて行ってくれたりと、いいところもあったし、嫌いにはなれなかったんです。

 

 

私: 「この人との結婚の可能性は?」

 

凛音先生: 「ないね。」

 

 

き、キッパリ断言されたーーーーーーーー!!(笑)
そりゃそうですよね。もう別れたんだし。

 

 

凛音先生: 「この人、ものすごく結婚遅いよ。39歳か、40歳で結婚するよ。」

 

私: 「ま、まじですか‥」

 

凛音先生: 「うん。だってこの人について来れる女の人いないもの。」

 

 

いやはや、まったくそのとおりです。
自分が気に入らない事があるとすぐ不機嫌になったり相手を受け入れる器のない男についてくる女性はいないでしょう。
長年彼女がいないと言っていたし。

 

でもまあ、今はまた気が変わって私に会いたがってるってことよね。ふーん。
まあ私に戻る気はないけれど(笑)

 

 

↑ウラナ、初回10分間無料キャンペーンはこちら↑

 

 

それから、最後に今の彼氏のことを聞いてみることにしました。

 

私: 「あの、今の彼氏について視てもらえますか?」

 

凛音先生: 「はい、それでは生年月日を教えてください。」

 

 

今の彼の生年月日を伝えました。

 

 

凛音先生: 「付き合った期間と最後に連絡とった日を教えてください。」

 

 

これまた正直に答えました。

 

 

凛音先生: 「それでは目を閉じてその人のことを考えてください。」

 

 

言われた通りにする。

 

 

凛音先生: 「あ。この人、いい!」

 

私: 「え、先生、今の彼氏そんなにいいんですか!?

 

 

たしかに、エリートじゃないけど凄く優しくて思いやりある人なんですけど・・。」

 

 

凛音先生: 「この人、あなたのこと大好きよ。」

 

私: 「そうなんですか! 私のどこが好きですか?」

 

凛音先生: 「見た目。」

 

私: 「み、見た目ですか?」

 

凛音先生: 「そうよ。でも、最初はみんな見た目からだからね。」

 

私: 「そうですよね。」

 

凛音先生: 「この人いいわ。すごく爽やかだし、誠実だし、人間性も。」

 

私: 「そう、すごくいい人なんですよ。この人との結婚の可能性はありますか?」

 

凛音先生: 「うーん、運命のラインには入ってないけれど、可能性はあるわ。」

 

私: 「ええっ! それって、どういうことですか?」
「運命の人じゃないってことですか?」

 

凛音先生: 「今の所は。でもね、運命って、自分で作っていくものだから。」

 

 

それは知ってる。未来が変わる事も、私は理解しているつもりだ。

 

 

私: 「そうなんですね‥」

 

 

なんだか、何から何まで当てられて、疲労困憊してきちゃいました(笑)
凛音先生は何でも私のことをお見通しって感じです。

 

 

凛音先生: 「この人とあなたの相性すごくいいわ。この人、癒し系の人が好きよ。」

 

私: 「でも、私、癒し系じゃないです‥」

 

凛音先生: 「そうね、あなたはSっ気があるから、その点努力しなきゃいけないわね。」

 

私: 「えええええー、でも仰る通りSです、私(笑)」

 

 

今の彼氏と相性がいいのは、なんとなくわかってたんです。初めて会った時から、何かをお互いに感じてたと思うし。
でも、癒し系の人が好きだということは知らなかった。そもそも、付き合い始めて間もないですし。

 

 

凛音先生: 「Sっ気がある人のほうが、運命を変えていけるのよ。」

 

私: 「そうなんですか?」

 

凛音先生: 「そう、行動力があるから。」

 

私: 「確かに、そうかもしれないですね‥」

 

凛音先生: 「この人、8月に体調崩すよ。」

 

私: 「そうなんですか!?」

 

凛音先生: 「だからその時にちゃんと側にいてあげたら、もっと彼に近づける。」

 

私: 「なるほど、そうですか。」
「あの、でも、この人、自営業で、仕事が安定してないんです。」

 

凛音先生: 「でも今の時代、サラリーマンだって同じよ。この人お金には困らないよ。
仕事も順調だし。ただ、五年後にちょっと落ちそうだけど。」

 

私: 「仕事がなくなる?」

 

凛音先生: 「そうね。でも、そのとき、彼は家庭を第一に顧みるわ。彼は家庭を大切にする人よ。」

 

私: 「そう、彼は確かに、家庭的な男性だと思います。
料理もすると言っていたし、きちんと相手の気持ちを考えた行動が出来る人です。
あと、私の仕事のこと視てもらえますか?」

 

凛音先生: 「あなた、仕事大好き人間だから、結婚してからも仕事は辞めないほうがいいわよ。仕事が、生き甲斐だから。」

 

私: 「そう、私、仕事大好きなんですよね。どんな仕事が向いてますか?」

 

凛音先生: 「美に関する仕事。」

 

私: 「美?」

 

凛音先生: 「そう、美しいの美。ネイルアートとか、エステシャンとか。」

 

私: 「なるほど。」

 

 

確かに私は美大出身ではあるし、今はwebデザインの仕事とかしてるけど、
昔から美容関係の仕事はずっとやってみたいと思っていたんです。

 

 

私: 「お金は入ってきますか?」

 

凛音先生: 「あなた、すぐお金使っちゃうタイプだけど、金運はいいわよ。」

 

私: 「どうしてわかるんですか! そうなんですよ、私すぐ使っちゃうんですよ(笑)!
実は今も金欠で‥この前なんて、今ハマってるアロマグッズを全部買いそろえてしまいました(笑)」

 

凛音先生: 「そう? お金には困らないわよ。すぐ入ってくる。」

 

私: 「本当ですか!」

 

 

ここで突然、「残り三分です」という三分前のアナウンスが入りました。

 

 

私: 「あ、すみません時間ないんで、最後に。私、子供できますか?」

 

凛音先生: 「うん、できるわね、ひとり。」

 

私: 「一人ですか?」

 

凛音先生: 「体的にはもっとたくさん出来る体質だけど、手のかかる子だから、一人でいいかなって、なるみたい。」

 

私: 「そおなんですか! わかりました。ありがとうございました。」

 

 

↓ウラナ初回10分間無料電話占いキャンペーンはコチラ

やっぱり評判どおりの電話占い「ウラナ」でした!

いやはや、今まで何回か占いはしてもらったことはあるけど、ここまで当てられたのは初めてですよ。
びっくり仰天です!

 

霊視出来る人ってすごいな?って思います。
また何か壁にぶつかることがあったらリピートすると思います(笑)

 

結局、初回無料通話分と合わせて25分鑑定してもらうことができました。
聞きたい事をノートにまとめておいたので、最低限聞きたいことはきけましたけど、
本当にあっとういう間でした。

 

何よりスゴいのが、私自身と恋人たちの性格を外す事無くすべて当てられたことです!
これで本当に視えているのだな、と確信するに至りました。

 

 

初めて電話占いをするまでは、いくら霊能者といえど電話越しジャン!
電話だけでは鑑定はできないのでは?

 

と不安はありましたが、全くそんなことはなかったです。
霊能者ってやっぱりスゴい。
ただただ関心しました。

 

これだけ当たっているのだから、私が結婚できるということも、
きっと当たるのだろうと確信が持て、
苦しい焦りから解放されました。

 

でも、もちろん自分の努力は続けますが。
運命は自分で紡ぐものと仰られたので、
やはり努力する事を怠ってはいけないなと思いましたね。

 

最初に先生と話はじめた時は「優しい先生だな」という印象で、
鑑定を終えた後も「優しいけど悪い結果はきちんと伝えてくれる、信頼出来る先生」だと思いました。

 

今度は仕事のことをもっと詳しく聞きたいと思っています。
占ってもらったばかりなので、来週当たりまた電話してみようと思います!

 

モヤモヤした時にいつでもすぐに結果が聞けるというのはとても嬉しいシステムですね。

 

電話占いって本当に当たるか半信半疑でしたけど、こんなに当たるならもっと早く鑑定してもらっていれば、
って思ったりもしますね。

 

なんか心がスッキリしました♪
今まで心の中でつっかえていたモノがなくなったって感じです♪

 

「明日からまた頑張ろう」って気になってなってきちゃいました!

 

 

↓ウラナ初回10分間無料電話占いキャンペーンはコチラ